CareerRelease40

転職マーケットを読み解くメガネ②


転職で年収UPする人は約3割という現実

「今よりもう少しだけ年収を上げたい」。転職を考える多くの人が、転職理由にあげるトップ項目です。
でも、実際に転職をした後に、年収の増減がどう変化しているかは、あまり知られていません。前職時代の年収額は人それぞれ大きく異なるので、金額の変化ではなく、増減率の変化だけをクローズアップしてみます。

最初に押さえたいのは、全世代を合計した転職前後の年収増減率。「増加4割:変化なし2割:減少4割」という割合になっています。ただ、年収の増減と転職の満足度は別物で、“人間関係”や“会社の経営不安”などが理由だった場合には、え年収が減少しても納得度の高い転職をしている方もたくさんいます。

次に年代別の増減傾向。35歳を過ぎてからの転職の場合、35歳以下世代に比べて、転職後に年収が上がる人の割合はやや少なくなります。
【25歳~35歳】増加5割:変化なし2割:減少3割
【35歳~45歳】増加3割:変化なし2割:減少5割
この数字を見ると、若い世代のほうが(前職年収額も低いこともありますが)年収UPしやすいことがわかります。

 ただ、上記の数字は、あくまで“転職初年度”の変化で、35歳以上の方々であっても、転職2年目以降の年収は、「増加4割:変化なし2割:減少4割」と大きく盛り返します。
『転職初年度はお互いの期待値調整のために、やや低めの年収で入社し、受け入れ企業に実力が評価され始めた2年目以降に修正していく』というパターンが多いためです。
 家族を守り、生活を維持していくために、前職と同程度以上の年収水準はゆずれない条件だ、という方はたくさんいます。ただ、“転職初年度だけ”は、実力を判断してもらう期間として一歩引き、業務の熟練度や、会社への貢献度で相応の評価を獲得してから徐々に年収を上げていくという考え方で、転職活動時の選択肢が広がるメリットも大きいので、ぜひ視野に入れておいていただければと思います。

黒田取材用写真
<著者プロフィール>

ルーセントドアーズ株式会社
代表取締役 黒田 真行 (くろだ まさゆき)

1989年 株式会社リクルート入社。約30年にわたり転職サービス・中途採用サービスの企画に関わる。
2006年以降、「リクナビNEXT」編集長を8年間務める。現在は、ミドル世代の適正なマッチングをテーマに、日本初のミドル向け転職サービスを運営している。
●ミドル向け転職支援サービス「Career Release40」

30代以上ミドル世代を応援します。経営者1万2000人を結ぶ転職サイト
ミドル世代の現場力やリーダーシップに期待する優良企業の経営者1万2000人が、あなたとの出会いを待っています。求人非公開企業も多数あります。経営者から直接必要とされる喜びを、ここで手に入れてください。
●登録・利用すべて無料です
●匿名の職務経歴で実力打診可能
●ブロック企業設定機能あり
ブログ
【公開記事一覧】
  • 転職マーケットを読み解くメガネ③ 2015年10月03日(土) 11:57:57
  • 転職マーケットを読み解くメガネ② 2015年09月10日(木) 03:49:50
  • 転職マーケットを読み解くメガネ① 2015年07月22日(水) 08:51:25